活動報告詳細

  • クリエイティブ分科会
  • グローバル分科会
  • マーケティング分科会
  • ビジネスアライアンス分科会
  • 産学連携分科会
クリエイティブ分科会 活動報告詳細
2016年11月25日 第11回クリエイティブ分科会(無料セミナー)開催
「第1回 CBLAキャラクターReデザインバーチャルコンペ」
場所:CBLA懇親会会場(お茶の水)
テーマ 「第1回 CBLAキャラクターReデザインバーチャルコンペ」
内容 第1弾「あらいぐまラスカル」(日本アニメーション)をReデザインし、
CBLA会員にむけての展示プレゼン。

第1回CBLA内々キャラクターReデザインバーチャルコンペ(仮)
第1弾「あらいぐまラスカル」(日本アニメーション)をReデザインする。
日本アニメーションさんのご協力をいただき、記念すべき第一回のデザインコンペはあの国民的アニメーションの「あらいぐまラスカル」(1977年放送~)のReデザインバーチャルコンペを開催しまた。
合計9名の会員のクリエイターのメンバーがオリジナリティを発揮して自由な発想でご参加くださいました。 これはCBLA内限定でクリエイティブ分科会のセミナーの目玉として今年から正会員、準会員クリエイターを繫げる場としてバーチャルコンペを企画し、開催日は11月25日(金)のCBLA懇親会内で応募頂いたデザインのパネル展示を行いました。
このバーチャルコンペ企画はCBLAクリエイティブ分科会のあくまでもインナーの活動で勉強会の一環としてクリエイターの発表の場を広げるために行われました。

参加クリエイターは7名、各クリエイターの作品はキャラクタークリエイターならでは作品となり、会場にいらした正会員、準会員の目を引きました。今回は具体的な商品化につながるコンペではなかったがそれぞれのキャラクター業界で各分野で活躍されている企業にアピールができ、新しいアピールチャンスの場が実現しました。

バーチャルコンペ概要案
参加資格:CBLA正会員、準会員クリエイター
コンセプト:自由な発想で説得力ある新しいラスカルワールドを期待したいと思います。
テーマ:自身の得意とするタッチで新しいラスカルのReデザイン。
※クリエイターメンバーの持つオリジナルキャラクターとのコラボはNGす。
デザインターゲット:メインターゲットである20代女性 をイメージしたもの
NG:暴力、ドラッグ、セックス表現などキャラクターにそぐわない表現。
展示形式:A3パネル貼り+A4縦×2枚
投票方式:投票はシール(評価ポイントは市場性、「新しさ」「デザイン性」「トレンド」「話題性」)
日程:終了しました。※会場参加メンバーによるシール投票。
★注意
・このコンペではビジネスに繋がる要素はあるかもしれませんが勉強会の一環ですので自身のアピールの場として参加ください。
・会場の都合上展示方法等の変更がある場合がございますのでご了承ください。

レポート:ムライタケシ
やさし過ぎる絵本作家/キャラクター作家としてオリジナルキャラクターや企業キャラクター、絵本を手掛ける。2008年に「フラッフィー・バブール」がサンリオから商品化!サンリオで唯一オリジナルキャラクターで契約しているキャラクター作家。2013年からは自身のキャラクター販売イベント「ムライワールド ポップアップ ギャラリー」を各地で開催している。 2016年からCBLAのクリエイティブ分科会の企画をサポートしている。http://www.takeshimurai.com/