活動報告詳細

  • クリエイティブ分科会
  • グローバル分科会
  • マーケティング分科会
  • ビジネスアライアンス分科会
  • 産学連携分科会
マーケティング分科会 活動報告詳細
2017年9月15日 第14回マーケティング分科会(無料セミナー)開催
「スマホ中心の時代、ライセンスビジネスが向かう方向とは…」
場所:日本経済広告社 大会議室

2017年9月15日(金) 16:00-17:30
第14回マーケティング分科会が日本経済広告社大会議室で、開催されました。
講師は、株式会社サイバード 代表取締社長 内海州史氏をお迎えしました。
内海様は、ソニーを皮切りにSCE America、SEGA of America、セガ、ディズニーインタラクティブ、キューエンタテインメント、ワーナーミュージックジャパン、サイバードのトップを歴任されており、大規模なコンテンツ・ビジネスを作り上げてこられました。
『メディア接触の分散化』トレンドで、生活時間に「スマホ」が占める割合がますます大きくなっています。若者が視聴している内容は、ゲーム、SNS、コミュニケーション・ツールまたは、テレビを見ながらスマホを観ております。 内海様は、最近『ライセンシングが向かう先は、コンテンツからサービスになってきた』と主張されております。その意味は !?
今回は、CBLA会員限定で、貴重な情報や数値を使って、『スマホ中心時代のライセンシングが向かう先は、コンテンツからサービスになってきた』意味と戦略マーケティングをご講演いただきました。

1. 内海氏について
(1) 自己紹介
(2) HIT Record !

2. モバイルゲーム
(1) 高成長、かつ規模も大きい
(2) スマホゲームは、1兆円マーケット(日本のみ)
(3) 女性向けのマーケットも急伸 (2年で7.6倍)
(4) 女子オタクチャート
(5) 資本力のあるゲームの世界で、コンテンツは、運営方ビジネスに
(6) イベントの特徴
(7) ゲームの売上パターン
(8) ゲーム会社にとってのライセンス目的は、イベント効果の極大化
(9) イベントは、リアルにも広がる
(10) リアルイベントも稼ぎ時
(11) ゲーム会社のイベント事例
(12) Global Market
(13) ゲーム会社の本音

3. サイバード社の紹介
(1) イケメンシリーズは、毎年リリース
(2) イケメンシリーズの展開、PKI
(3) イケメンシリーズパートナー随時募集

4. 【テスト】
西武球場を埋めた韓国アイドルグループ、15カ国以上掛けまわる越すプレーヤー。。
誰だかわかる?