活動報告詳細

  • クリエイティブ分科会
  • グローバル分科会
  • マーケティング分科会
  • ビジネスアライアンス分科会
  • 産学連携分科会
マーケティング分科会 活動報告詳細
2018年8月1日 マーケティング分科会 特別講演
『Samsung Galaxyのグローバル・コンテンツ販売市場』
~スマホ世界一 テーマ・コンテンツの販売プラットフォームとその販売方法~
場所:日本経済広告社 大会議室

2018年8月1日(水) 15:30-17:00
マーケティング分科会 特別講演が日本経済広告社大会議室で、開催されました。
講師は、韓国 サムスン電子株式会社 部長/藝術工学博士・無線事業部・Galaxy Themes プロダクトオーナー・元準晧(ウォン ジュンホ)氏。

• Galaxy Themes テーマ・コンテンツとは
• 国別の人気コンテンツ
• テーマサービスの仕組み
• サービス実績
• パートナシップ参加申込について
• 質疑応答


【まとめ】
サムスン電子のGalaxyシリーズは、スマートフォンの販売量 世界1位で、2位Huawei、3位iPhoneを凌駕しています。とりわけ若年層のマスメディア接触時間が減る中で、スマホ使用時間の劇的な増加が注目されております。
サムスン電子がGalaxy端末ユーザーへのデジタル・コンテンツの販売は、元々日本のユーザーに向けたサービスとして取組まれてきたそうですが、「スマホのコンテンツは、無料」が常態化した環境の中で、米国、中国、韓国、ドイツ、イギリスでの大きなマーケットを構築できたのは、CBLAのコンテンツ・ホルダーにとって、大変魅力的な講演でした。
スマホだけではなく、近い将来IoT経済圏を想定し、サムスン電子が戦略的にターゲット・マーケティングを展開する意図が垣間見えてきました。 それは、B2C, B2B2C, B2Bと、コンテンツの多様な売り方ができる訳で、CBLA会員のキャラクター/ブランドのクリエーターや版元/エージェントにとって、同社とのコラボが重要だと感じました。